儀式中にやってはいけないこと

知り合いの話。

彼が氏子をしている神社では、毎年大晦日から元旦にかけて「再誕の儀」と呼ばれる行事が執りおこなわれる。
氏神の再生を祝う神事だということだ。

氏子以外の者は入れずに進行し、儀式が終わると社は開放されて、一般客の初詣が始まる流れであるらしい。

儀式自体はそのようなものだと思うのだが、彼にはどうにも一つ、腑に落ちない決まりがあった。

再誕の儀の間、決してその場にいる者の頭数を数えてはいけないというのだ。
なぜかという理由は誰も教えてくれない。

それである年、こっそりと数えてみたという。
何の問題もなく数え終えたが、どこかおかしい。
そこにいるのは見知った顔ばかりの筈なのに、名前が出てこない者がいる。

何度か数え直した彼は更に混乱した。
数え直す度に人数が異なっているのだ。
妙に疲れてしまった彼は、数えることを止めてしまった。

今では彼も古参の顔となり、新しい氏子から色々聞かれる立場になっている。
しかし、例の掟について聞かれた時は、笑って誤魔化すという。

「新人君も、そのうち何も聞かなくなるから。こっそり自分で数えてるんだろうな、やっぱり」

そう言って彼はこの話を締めくくった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!