バカげてるが本当の話

友人の話。

飼い犬の散歩は、家族中で彼の仕事なのだという。
その夕暮れも、いつものように犬を連れ裏山を歩いていた。
と、急に引き綱がずっしりと重くなった。
引っ張ってもびくともしない。

何を踏ん張ってやがるんだ?

振り返った途端、目が点になる。

引き綱の先に犬はいない。
代わりに彼が引き摺っていたのは、小さな石地蔵だった・・・。
犬の首輪がしっかりと引っかかっている。
薄暗くなった山道、愛犬の姿はどこにも見当たらない。

首を傾げながら家に戻ると、門の所で犬が彼を待っていた。
嬉しそうに尻尾を振っている。

「何があった?」と尋ねてみても、返事が得られる訳もない。

とりあえず頭を一回撫でて、その日の散歩は打ち切った。

家族に話してみると、これも何かの縁だろうということになり、裏山への登り口にその地蔵を祀ることにしたという。

誰が参っているのかわからないが、時折はお供え物がされてあるそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!