赤い旗が辺り一面に

友人の話。

里山の麓にテントを張り、一泊した時のこと。
朝方、外に這い出した彼は目を見張った。

自分のテントを囲むように、辺り一面が赤い色に覆われている。

旗だ。

一メートルほどの竹竿に、赤く細長い布が結ばれていた。
見渡す限りの山裾が、赤黒く染められたように見える。
数え切れない赤旗がはためく中を早々に下山した。
できるだけ旗に目をやらないようにしながら・・・。

後に聞いたところ、昔あの斜面の外れには火葬場、そして葬斂場(そうれんば)と呼ばれる建物があったという。
葬斂場というのは、死者を荼毘(だび)に付する前にお経や線香を上げるための場所らしい。

火葬場は一つだけだったが、葬斂場の小屋は結構な数がその斜面に立っていた。
今はすべて朽ち果て崩れ、何も残ってはいない。

あの赤旗と何か関係があるのかは不明だ。
彼曰く、これ以上詳しく調べる気は無いという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!