都内の長屋での体験談

俺、最近まで、都内の長屋みたいなとこに住んでたんだけど、壁が薄いんだよね・・・強烈に。
だから隣の声が全部聞こえる。

外から見て、向かって左側の部屋がおじいさんの一人暮らしで、よくテレビ見てるんだけど、その番組が何かもわかるの。

で、右側の部屋。
ずっと空き部屋だと思ってたんだけど、いつからか子供が遊びに来てたんだ、その部屋に。
でも、そこで遊んでるわけじゃないみたいだった。
説明しにくい話なんだけど、まぁやってみる。

ある日、俺が部屋から出ると子供が目の前を通り過ぎたんだ。
で、その右側の部屋のドアを開けて中に入った。
『あれ、あそこ空き部屋だよな?』って思ったけど、『イタズラかもな、でも慣れた感じだったな、カギ開いてたのかよ』みたいに考えた。

しばらくたったある日、またその子が来た。
その時は自分の部屋にいたんだけど、子供の足音と右隣のドアが開く音がした。
『あの子、また来たんだ』って思った。

「おじいちゃん!」

ドアを閉めたあとで、その子が大声を出した。

「おお、来たか」

左隣の部屋から、おじいさんが返事をした。

『何だよ、壁が薄いからって、俺の部屋はさんで会話してんじゃねーよ』

右側で玄関から奥に向かってタタタタって走る足音。

「なんだ、お前もう長袖か?」
「うん、今日は外、寒いんだよ」

『あれ?』

いつの間にか左側から子供の声が聞こえる。
左隣の部屋で、おじいさんと子供が喋ってる。
一緒にテレビ見たりしてる。
昼になって、二人は一緒にご飯を食べに出かけた。

そんなことが何回もあった。
きまって子供は右隣の部屋に入る。
だけど、いつの間にか左隣の部屋でおじいさんと遊んでるんだ。
俺の部屋を素通りしてるみたいに・・・。

子供が遊びに来るまで、右隣の部屋からは何の物音もしない。
気配もない。

どーなってんだこの長屋・・・って思ってたけど、ほかに妙なこともなかったんで、それからもしばらく住んでた。

今は全然別のところに住んでるけど、時々思い出すんだ。
あの子、今もあの部屋に遊びに来てるのかなぁ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!