求められる礼節

実感した話。

もう何年も原付バイクにテントなどを積み込んで、暇を見つけてはツーリング野営をしている。
ギアもないスクーターというのが苦手で、ここ数台はスーパーカブを愛用している。
ただ、景気が悪くなって、常識のないホームレスが増えたせいか、町並みに近いところでのテントは難しい。

その点、山は気楽だ。
観光林道の茶店や展望台(たいていは見晴らしのいいカーブ)など、土日の林道バカ共のバカ騒ぎさえ避ければ別天地だ。
最近はさらに、そういうところから一息山道を登ったあたりに幕営する。

夜中に物音で目が覚めることがある。
よく聞くと、テントをゆるりと巡っている、何者かの足音がするのだ。
それは決まって『仁義』を切り忘れたときに起こる。

小学生の頃の夏休みには、祖父母の家に一人でずっと逗留していたが、祖父と野山を駆け回りながら、そのへんで立小便したくなったとき、「御免なさいまし、と言うんだよ」と祖父が教えてくれた。

テントを張るにも、この「御免なさいまし」の仁義を切り忘れると、決まって夜中にテントを巡る足音を聞く。

はじめのころは朝まで震えていたが、いまでは「気が利きませんで」と一人ごちて、その後は寝られるようになった。

『御免なさいまし』

人の付き合いでも、人と山との付き合いでも、求められる礼節なのかもしれませんな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!