引き込まれそうになった

ツーリングで岡山県のある山道を登っていた最中に、濃い霧に遭いました。

1m先が見えないという酷い状態で、慎重を期して時速15キロ程で徐行していたおり、後ろからの車の音が私のバイクを追い越して行きました。
この濃霧の中をそこそこ速度を出して走っている所を見ると、道を知った地元の車のようです。

車体は見えませんが、赤いテールランプはぼんやり見えたので、その光を追って行けば下山できるだろうと考え、引き離されまいと私も速度を上げて前方の音と光を追行しました。

しかし、頂上付近のトンネルを抜けた時です。
前方の車はそのまま直進して行きましたが、私の脳裏に、あらかじめ見たこの辺りの地図がぱっと思い浮かびました。

ここはトンネルを出てすぐカーブになっていたはずです。
本能的に急ブレーキをかけた瞬間、白いガードレールが視界に飛び込んできました。
その向こうは遙か下まで険しい崖です。

制動が間に合わず、私はガードレールを蹴とばし、反動でかろうじてカーブを曲がり切りました。
この際、左足指の骨を折りましたが、「引き込まれそうになった」恐怖で頭がいっぱいで、痛み所ではありませんでした。

地元のライダーの話では、昭和35年頃にあのカーブで転落事故があり、以来2~3年に1度の頻度で死亡事故があるそうです。

みなさんも霧中の運転にはご注意ください。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!