私を苦しめる思い出

オカルト話ではありませんが、神奈川県に暮らしていた時の事です。

箱根の山道で黄色いビックスクーターが横転しているのに出くわしました。
カーブで対向のトラックにぶつかってはね飛ばされたのです。
愚かにもヘルメットをしていなかった若いライダーは、後頭部を割って赤い脳味噌を周囲にまき散らし、手足の骨を折りながらも、まだ息がありました。

トラックの運転手に怪我はなく、動転しながらも無線で救急車を呼ぶよう怒鳴っていました。

私は二次事故を防ぐためビックスクーターを路脇に押しやり、重傷のライダーを励ますべく、「すぐ救急が来る、名前と住所を教えてくれ」などと呼びかけを続けました。

彼は唸るばかりでしたが、突然「婆ちゃ!こんな所まで来てくれたんか!」と一言。
しかし、そうはっきりと叫ぶと、それっきり動かなくなりましたした。

ご遺族によれば、事故の日はたまたま彼の祖母の命日でもあったという事です。
彼は死に際に懐かしい祖母の幻覚を見たのか、お婆さんが本当に迎えに来てくれたのかは分かりません。

しかし、この悲しい出来事は、その後数年に渡り、私を苦しめる思い出となりました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!