足首から下を喰われている

知り合いの話。

まだ侍が居た時代、彼の地元の峠には魔物が出たのだと伝えられる。
日が落ちてそこを渡ると、闇の中から平べったい影が迫ってくるのだと。
信じがたい早さで足元に滑り寄ると、足首を掴んで引き倒し、不運な被害者を足の指から喰らったという。

それはイザリと呼ばれていた。
足首から下を喰われている死体が見つかる度「またイザリが出た」と村の者は恐れをなしたそうだ。

被害が無視できなくなった頃、ついにイザリを退治することになった。
しかし、協力を依頼された地の武家たちは難しい顔をした。
地を這って襲ってくる相手を向かい撃つに、剣の技は向いていないらしい。
現に侍も何人か犠牲となっている。
中にはかなりの使い手も居た。

色々と思案した結果、落とし穴を使うことになった。
簡単に這い出られないよう、底を大きくえぐり取る。
酷い苦労をしながらも、村中総出で、何とか穴に追い落とすことに成功した。
穴には膝ほどの深さまで泥が満たしてあった。
足を取られ動きが鈍くなったイザリを、上から長槍で何度も突き、ついには仕留めた・・・と伝承にある。

イザリが何であったかの正式な記録はない。
ただ、指揮を執った長老の家には奇怪な言葉が残されている。

大きな虫かと思っていたが、あろうことか人の類であった。

死骸を検分した際の言葉らしい。

「文書とかに残されなかったのは、それが原因だったかもしれないな。ま、よくあるタイプの昔話だね」

そう彼は私に教えてくれた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!