体の中に吸い込まれて

おはようございます。

私、幽霊は信じていないですけど、それっぽい体験したことあります。
ちょうどこの板を見つけたので、そのときの体験を書きます。
つまらないと思ったら読み飛ばしちゃってください。

不思議な体験をしたのは17歳の夏休みでした。
私の部屋はは弟と共有で、いつものように2段ベッドで寝ました。
2段ベッドの下には私が、上には弟が寝ていました。

ベッドは壁際にあり私は壁の方を向いて横向きの体制で、部屋の中心に背を向けて寝ている状態でした。

寝ていると真夜中に突然目が覚めました。

私は寝起きはすごい悪いんですけど、その時はすごく目が冴えてました。
枕元に置いてある目覚まし時計を見ると、ちょうど深夜2時でした。
そして時計から目を離した瞬間、金縛りに・・・。

金縛りはそのときが初めてで、恐怖はあまり感じませんでした。
以前、テレビで金縛りはただ体が寝ている状態だと言ってたので・・・。
それで、しばらく金縛りを堪能していると、突然背後(部屋の中心)から、何かの気配がしました。

最初は親かな?と思ったのですが、親は部屋に入る前にノックします。
じゃあ弟か?と思ったら、上のベッドからは弟の寝息が。

えっ、じゃあ背中にいるのは誰なんだ?
そう思った瞬間、ものすごい悪寒が体中を駆け巡り、ものすごく苦しくなってきました。
息苦しいというか、うまく言い表せない苦しさ。
ものすごい気分が悪いときみたいな感じの状態でした。

体中に鳥肌が立ち、息も荒くなってきました。
後ろを見たくても、眼以外はピクリとも動きません。

すると、後ろの何かが動くような感じがしました。
神経を集中してみると、その何かはこちらに近づいてきます。
そして、それが近づくほどに悪寒は激しくなっていき、ついにそれは私のすぐ後ろまできました。

気分の悪さもピークに達し、視界が白黒になりました。
頭を殴られて、視界が白黒するような感じです。
もう息をするだけでも辛くなり、恐怖のあまりじっと眼を閉じました。
そして数秒後に、その何かがボソリとつぶやきました。

『あなただけ不幸になって・・・』

男のような女のような、中性的な声。
その声を聴いた瞬間、私はなぜか眼を開けてしまいました。

すると眼に映ったのは、白い湯気のようなものが、私の体の中に吸い込まれていくように消えていく瞬間でした。

そして、その湯気が全て吸い込まれたあと、さっきまで動かなかった体が動くようになりました。
そして同時に大量の脂汗。

本当に恐ろしい体験でした。

私は幽霊は信じていないのですが、これって霊なんですかね?
20年間住んでいますが、こんな体験はこれだけです。
金縛りはその後何度かありましたが・・・家族は誰もこういう体験はなく、家の土地もごく普通の山の上です。

あれから、まだ私の体にはなにも異常は起きていません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!