神隠しの真実

ある女の話。

幼少時、雑木林で遊んでいた時、友達の男の子が行方不明になったという。
女性は、その子が消える瞬間を目の辺りにしたそうだ。

男の子が、振り返って、驚いた様な表情を浮かべると、女性を指差して、「あっ・・・」と言ったきり、空気に溶けるように消えてしまった。

「でもね・・・」と、女性は言う。

女性:「子供の頃の記憶でしょう。曖昧なのよ。その記憶だけはやけに鮮明なんだけど・・・」

最近、それを思い出していろいろ調べた結果、ある事実がわかった。

彼女は養子だったそうだ。
そして、彼女の育て親は既に亡く、幼少時の女性の過去を知る人は誰もいなかった。

女性:「神隠しに遭っていたのは、私だったんじゃないかって思うの」

女性は盃を飲み干すと溜め息をついて、笑った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!