神社の屋台で食べたらダメ

去年の正月から少し経ったくらいに誘われて神社に行ったんだ。

きっかけはギャンブル好きなの友人が仮想通貨で儲けたいってことで、御利益があるという神社を探してきていて行くことにになった。
車で一時間、他府県の神社だった。

仕事の都合で、神社についた時間は夜7時。
友人は「神様に時間は関係ない」と言っていたが、着いてみると屋台がポツポツ4つくらいあってイカ焼きやポテトが売られている。

焚き火があり、石燈籠にも明かりが灯っていて、人もまばらではあるがそれなりにいる。
正月から10日くらい経っているのに人がいるんだなと思っていると、一人の初老の男性が目についた。
皿に猫の餌を入れているところだった。
初老の男性は地域に一人はいる猫おじさんで、毎日神社の猫に餌をあげているらしい。

友人が「こんばんは、正月から10日くらいたつのに人が結構いるんですね」と話しかけていた。
男性は「今の時期はまだまだ人が来るけど、普段は毎月の月祭り以外は寂しいものだよ」と言った。

男性は僕らを気に入ってくれて色々な話を聞かせてくれた。
親の大病を神社の神様が治してくれた話や稲荷社の狐が夢に出てきた話。

神の使いが狐で、猫とは仲が良く、お互いに犬のこと嫌っており、犬の臭いがする人間には御利益がないという話も。

そして、神様に大きな借りがあるため、毎日神社の掃除と猫の世話をかかさず20年以上しているという話まで。

どの話もおっさんワールド全開だったけど、猫に毎日餌をやっていることは間違いなさそうだった。
最後にお気に入りの写真を見せてくれた。
稲荷社の狛狐の足の間から顔を出す猫の写真で、男性はとてもいとおしそうに見つめていた。

神社から帰って何ヵ月か経った頃、急に神社のことが気になって友人に聞いてみると、場所をGoogleマップで送ってきてくれたので、行ってみることにした。

休みの日に行ったので昼間に到着した。
前回は夜だったが、明るさとは関係なく、景色が全く違って見えた。

石燈籠も稲荷社も何もなく、焚き火をしていた広場もない。
小さな社がぽつんとあるだけだった。

間違ったかと思ったが、車を止めた場所は同じだし、駐車場所から間違うような道ではない。

不思議に思いながらお参りをして、車に戻る途中の自販機でジュースを買っていると、一台の軽トラがきた。

挨拶がてら神社のことをたずねてみた。
正月には集落の人はお詣りにくるが、それ以外の人は滅多にこないということ。
月祭りのことを聞いても、年に一度秋にお祭りをやっていたが、今はやっていないということ。

まさかと思い初老の男性のことを聞いてみたが、野良猫はたくさんいるけど、そんな人は知らない、
猫の世話をするような人がいたら俺たちが知らないはずがないとのこと。

今回も他府県ナンバーの見知らぬ車が停まっているので様子を見に来たらしい。

前回来たときと余りにも様子が違うので、軽トラの男性に話を聞いてもらっていると、男性は笑いながら「狐に化かされたな、そんなときはタバコを吸え、狐が嫌がって離れていくから」と言う。
また、「神社の屋台で何も食べなくて良かったな」と言っていた。

彼のお爺さんくらいの時代には、狐に化かされることはあまり珍しいことではなかったという。
最近でもたまに化かされて石や毒キノコを食べさせられたりするらしい。

全然怖くなかったけど、不思議だったな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!