共鳴し合う山人

知人Hの話。

Hの父親は若い頃から山好きだった。
父親の写真の殆どは山で撮ったもので、全身で喜んでいるのが一目でわかるような笑顔で溢れているそうだ。
写真の父親は、いつも同じ帽子を被っている。
それは父親が高校生の夏、初登山の際に知り合った同じ年の少年が、たまたま同じ物を被っていたので、記念に交換した思い出の品だった。

暫くは手紙のやり取りもあったが、互いに忙しくなり途絶えてしまったという。
Hが高校に入ってすぐ父親が亡くなった。
遺影に使われたのは山で撮った素晴らしい笑顔の写真で、やはり帽子を被っていた。

帽子は棺に納められた。
形見として残したかったが、これからは思う存分、登山を楽しんで欲しいという思いを優先したのだそうだ。

火葬場に到着すると、既に別の集団が待機し、自分たちと変わらぬ年齢の母子の泣く姿が見えた。
何げなく遺影に目を向けたHは固まった。

遺影には父親と同じ帽子を被って微笑む男性が写っていたそうだ。
ありふれた帽子なので別人でも何らおかしくはないが、20年以上の歳月を経て再会した二人が、一緒に登山してるような気がしてならないとHは笑った。

俺もこんな偶然があってもいいんじゃないかと思えた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!