山で”狩り”をするモノ

田舎で聞いた話です。

老人から聞いた話なので、昭和初期か大正頃の話だと思います。

ある猟師が山で獲物を追っていました。
足跡や通った跡から考えると、かなり大きな熊のようです。

当時、熊の胆は漢方薬として高値で取引されていたので、その猟師は「これは良い儲けになる」と思い、広い山の中を二日間も獲物を追っていました。

二日目の夜、獣が警戒するので焚き火も出来ず、茂みの中に身を隠して手持ちの食料で夕食を済ませましたが、一向に空腹が収まりません。
空腹と、いつまで経っても姿を現さない獲物に対する苛立ちで、その場にゴロンとなり「あ~あ、干し肉ちょっとじゃ腹の足しにもならん」とつぶやくと、どこからか声がしました。

「うん、確かに。ワシもお前だけじゃあ腹の足しにならん。あっちの方を食うとしようか」と、山のどこからか、野太いような地響きのような声がしたそうです。

猟師はそのまま恐怖で固まってしまい、翌朝、日が昇るまで動けなかったそうです。

日が昇り、あたりが明るくなったころ、猟師は帰ろうと来た道を戻っていると、茂みに熊がいました。

「もしや、俺の追っていた熊か?」と思い、銃を構えましたが、その熊は動きもせず、なんとも様子が変だったので、石を当てると倒れてしまいました。

「死んでいたのか?」と近寄ってみると、中身が無くなって皮だけになった熊の死骸だったそうです。

猟師は昨日の声を思い出し、大急ぎで逃げ帰ったそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!