その肉片の正体は・・・

ほんのり怖かった体験。

大学の時、ほとんどガッコに行かずバイト三昧だったの。
なか卯みたいな小さな食い物屋で朝から働いてた。

暇だから俺ともう一人はカウンターで雑談してて、店長は厨房の奥でうたた寝してた。
真昼間だけど曇りで薄暗かったのはよく覚えてる。

ぼーっとしてたら、店長がいきなり「コラァァ!スラ仏!」とか言って怒りながらカウンターに入ってきた。
バイト2人で訳も分からず首を傾げていたら、「・・・お前じゃないのか・・・?」って急におとなしくなった。
後で聞いたら、俺のいたずらだと最初のうちは思ってたらしい。

3人で店長が寝ていた厨房に行く。

いつもの厨房。
いつもの流し。
いつもの包丁。
いつものまな板・・・の上に、真ん中に、肉が置いてあった。
子供の手のひらくらいの大きさの肉。

捌いたばかりの鶏肉のような塊が・・・。
ちょっと血がにじんでる。

俺たち3人で凍りついた。

・・・なんでかって?

だってウチ、たこ焼き屋なんです。
肉なんて全く使わないから冷蔵庫にハムすらない。

とりあえず、換気扇にネズミが突っ込んで自爆したのが飛んできた、ていう偶然みたいな原因をこじつけてみんなで納得したんだけど・・・。

100歩譲ってアレがネズミだとしたら・・・俺、その肉ちゃんと見てたんだけど、なんで皮が全体的に剥けて残ってないの?
あと、アタマはどこいった?

俺はしばらくしてそこを辞めた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!