転生って信じますか?

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

数年に一度のペースで変な人に絡まれる。
変な人は爺さん、婆さん、おっさん、おばさんで、全部違う人。
一番若くても親よりちょっと若く見えるぐらい。
そんな人が俺を友達扱いしたり、先生って呼んだりする。
からかってるんじゃなくて、本気で友達や先生に見えてるような言い方。

そして、今朝決定的なことが起きた。

電車を降りたところでおっさんが駆け寄ってきて、俺の顔をまっすぐ見た。
そして、「お父さん!」って言って抱きついてきた。

俺は凍りついた。

絡まれるのは慣れているけれども、親より年上そうなおっさんにお父さんと呼ばれた時のキモさは格別だ。
周囲はドン引きになった。

俺とおっさんの回りがぽっかり空いた。

「違う違う!」と言っても、おっさんは離れない。

他人の空似じゃないか?って言うと、おっさんは「なんで他人のふりをするんですか!」って怒る。

早口でわーっと喋ってるが何言ってるかわからん。
誰かが呼んだのか駅員が来て、俺とおっさんを事務所みたいなところに連れて行った。

駅員が俺とおっさんに話を聞いた。
おっさんが言うには、彼の父は20年以上前に亡くなった。
普通は死ねば記憶を失い、魂だけが転生する。
しかし、彼の父は記憶を残したまま転生する術を使い、親族や友人に会いに行くと約束した。

最初は誰も信じなかったが、父を見たという話をあちこちで聞いた。
みんながもしかしたらと思い始め、彼も信じるようになった。
そして、やっと父に出会えたのだという。

俺も駅員も困惑した。
おっさんは身なりが整ってて、高そうなものを身につけてて、地位も金もありそうな雰囲気だった。
それなのに転生だの魂だのなんて言葉を連発し、子供と同年代の男を父親だと決めつける。

電波そのものだった。

結局、「他人の空似でしょう」ということで話がついた。
俺は「空似もクソもないだろ」と思った。

おっさんは「君は父親を見間違えるのかね?」と食い下がった。
それでも、駅員は空似で押し通した。
面倒くさかったのだと思う。

別れ際におっさんから名刺と連絡先を書いたメモを渡された。
「記憶が戻ったら連絡してください」とのことだった。

名刺には誰でも知ってる企業の名前と、執行役員なんとかという肩書きが書かれていた。
帰った後、その企業のサイトを見た。
役員一覧のところにおっさんの名前と写真ものっていた。

めちゃくちゃ混乱している。
連絡したほうがいいんだろうか。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!