集団で見た幻だったのか?

親父が高校の頃だから今から55年近くの前の話。

夏休みに部員10名程で宮崎の山(名前忘れた)に登ったらしいんだが、下山途中でいきなり豪雨になって、雨をしのぐ場所を探してたらルートを大幅に逸れて遭難したらしく身動きがとれなくなった。

遭難して三日目、皆で最悪死を覚悟していたら、けっこう年配の人が独りでやって来て、「絶対に下山させるからついて来なさい」っていった。

皆その人に従って何とか全員無事に下山したら、学校が遭難届けを出してて警察や消防団の人がいっぱいいた。
そして、「この天候でよく君たちだけで帰って来れたな。雨が止むまでは救助に行けなかった」って言われたから、「さっきの人は救助隊の方じゃ無いんですか?」って返したら、「誰も送ってないし、君たちだけで下りてきたじゃないか」って言われた。

けど部員全員がその人を見てるから、皆で「年配の方に助けて貰ってここまで一緒に下山した」って何度も言ったけど信じて貰えず、最終的に一種の集団ヒステリーで片付けられたらしい。

その時一緒に登った親父の1学年上の先輩が家に遊びに来たときに、親父と「今でもハッキリ覚えてるけど幻覚じゃないよな!」って二人で話してるの聴いてて、不思議な事ってあるんだなぁ・・・って思ったよ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!