原爆体験者の話中に

もう30年も前になるが、修学旅行の随行カメラマンをしていた。

とある高校の修学旅行が広島。
当然のように平和教育で被爆者の高齢者が暮らす施設での聞き取りなんかもあった。

そこで一人の女性に被爆前の暮らしや被爆後の話を聞いていた女の子のグループにレンズを向けてシャッターを押した。
話をしてくれるのは幾人かずつに別れたお年寄り達で、体調や気分で話してくれない人もいたのでそういう設定だと聞いていた。

穏やかに話す女性の後ろに険しい顔で黙って座る白髪の男性がいて、終始目を閉じたりしていたのを見てた。

女性に生徒の一人が原爆が落ちて来るの見たのか?というような話をした瞬間に黙っていた男性がいきなり口を開いて「あいつらが飛んでたんや。あいつらが飛ぶと悪い事がおきる。」と、少し興奮したように大きめの声を上げた。
すると、穏やかに話してた女性が「タツジさん、もうええから」となだめてた。

その翌年、別の学校の研修旅行で長崎に行った。
広島と同じ様な施設で同じように聞き取りをしていると、広島時と同じ様な状況が起こった。

にこやかに生徒と話す女性の話を聞いていると、やはり不機嫌そうな坊主頭の男性が後ろに座っていた。

クリスチャンだと話す女性にまた一人の生徒が原爆が落ちて来る瞬間を見たか?と言う様な話をすると「あいつらが降ってくるんだ、あいつらが降ってくるとえらい事が起こる。」と大きな声がした。
後ろに座ってた坊主頭の男性だった。

クリスチャンの女性がそっと男性の膝を擦りながらなだめていた。

「もういいから、ね。タツジさん。」

広島のデジャビュかと思うほど同じ様な状況に寒気がした。
男性にそれとなく後で話を聞いたが「あいつら」としか答えてくれなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!