石が動物を喰う

「殺生石」というのがありますが、それに近い話があります。

じじいが遭遇した石怪異で極めつけは、「獣を喰らう石」だったそうです。

どういうものか?

山奥を歩いていると、盛んに猿の鳴き声がしていました。
猿の群がいる山でした。
いつも聞き慣れている声ですが、その日の声は、なにか尋常でない叫び声だったそうです。

森をかき分けていくと、猿の声が大きくなってきます。
すると、急に開けた広場のような場所に出ました。
そこに猿の群がいたそうです。

これは、あぶないか?

そう思って、じじいは腰に下げた鉈に手をかけましたが、猿たちは、ある一カ所を見ていて、じじいには無関心でした。

その騒ぎの中心では、一匹の猿が大きな石の上で暴れていたそうです。

石の上で柔道の寝業をかけられたようにもがいていた。
石から離れないのです。

じじいが、よく見ると、猿の脚が石の中に埋もれています。
驚いてじじいはその光景を凝視していました。

すると、石に細い裂け目ができて、ばかっと少し開いてさらに、猿の腰から胸にかけて飲み込んだのです。

さらに悲鳴を上げる猿。
周りの猿も叫ぶ。
耳をつんざくほどの喧噪だったそうです。

さらに、石は『口』を開いて、猿の胸から肩の部分を飲み込み、ついには全部を飲み込んで、石の口は閉じたそうです。

そのとき、猿の群は叫ぶのをやめて、じじいに気づいて、彼を威嚇しながら去っていったそうです。

その後、石の口は現れず微動だにしなかった。

じじいは近づいてその石を調べてみましたが、普通の石灰岩のような石だったとか。
ただ、表面はスベスベしていたとのこと。

触ろうかと思いましたが、あの猿のように噛みつかれて喰われたらどうしよう!と思ってやめたそうです。

じじい、危機一髪だったのかもしれません。
石の周りに骨などが散らばることもなく、きれいになものだったそうです。

このような鳥獣を喰らう石というのは、日本には昔から話があるようです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!