親父が神社へ行かない理由

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

ここでいいのか分からないけど、オカルトなネタを。

「神社に行くと厄をもらう。」と、親父が言っていた。

いつのことかは覚えてはいないけど、ともかく言ってた。
だから初詣なんか絶対に行かないし、そもそも神様っていう存在は信じてもいないらしい。

だからって境内で何かしでかすとかってことはないけど。
それに比べて自分は超信じてる。

神様は心からお願いすれば、反社会的なものとかじゃなくて、天の意思というかにかなえばお力を貸してくださるし、存在なさるからこそ幾たびの国難も日本は乗り越えたんだと思う。
理論的には説明できないけど。

それで親父が言う”厄”っていうのは、結核とか入院とかあと何かみたい。
余程ひどいことを神前で言ってるのか?とか、何を背負ってるんだよと思うけど偶然かも知れないし、神様じゃなくて途中で変なモノにふれるとかではとも。

ともかく自分は神様好きだから、よく神社に行く。
しかし厄なんぞもらったことない。
体がすっきりしたり、気持ちを新たにできたり、神様に聞いていただけたからと落ち着いて前進できる。

そんなある日のこと。
そのよく行く神社っていうのは、名前を出したら確実に特定されるくらいの、すっごいとこなんだけど、神前で感謝とお願いをしてから帰ろうとして境内歩いてたら、いきなり声が聞こえたの。

「参るなよ」って。

自分でもポカーンだし、どどどどどういうことですか?!って

そして、その「参るなよ」ってどういう意味か考えてるけど、結構経った今でも確信には至らない。

お願いの内容が、すぐ泣くしヘタレだし力が欲しいですってことだったから、力を与えたしお前にはあるから大丈夫だってことなんだろかと。
お前もう来んなよって意味ではないと思う。

癒しイケボイスだったし。
そしてイメージはイケメンです。
それともあの頃から抱いてた某氏への恋心は叶わないけど、参るなよってことなんだろうか。

どうであれ神様大好きです。
近い内にまた行こうと思ってる。

書いてみるとそんなに需要ない感じのエピソードだけど、読んでくださりありがとうございました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!