ちゃんと会話したから霊ではない?

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

仕事先での事。

某小さな工場なんだけど、機械の修理作業は夜間が多い。
夕方まで止められないという理由と、蒸気ボイラーと配管が熱を持っている為、待たなきゃいけない。

ようやく作業開始がだいたい夜の20時以降。
終わるのは内容によるから毎回ケースバイケース。
誰かいればいいんだけど、一人でやる作業が辛い。

食べ物に関係する工場なので、食品の食べかすやグリスなどが結構あって夜間にGが大量発生。
虫嫌いの俺としてはそれだけで嫌で、心細い気持ちで作業してるとなーんか変な感じ
理由は分からんのだけど、なんか気味が悪い。
キョロキョロしてみると窓からこっち見てる人がいた。

目が合ってドキッ!としたが、音が煩いとか何かしら理由があるんだろうと話しを聞かないわけにはいかない。

「あの、何か御用ですか?」と聞いたらジーっとこっちを見てるだけ。

仕方ないから窓の傍まで行って「何か?」ともう一度聞いた。

「ここ、昔からいた社員まだいるんですか?」と聞かれたんで、「私は出入りの業者ですから担当の方以外は知らないんですよ」と答えた。

「そうですか・・・・」

少なくとも俺にも俺の業務にも関係無さそうだったんで、そのまま引き返して作業再開。
10分ほど経って、また同じ人(30代女性)が窓からこっち見てるんだ。

あー気持ち悪いなぁって思ってると缶コーヒーを持って手招きしてる。
無視したいけどそうもいかないんで、「何ですか?」と言ったら、「コーヒーどうぞ」ってくれるんだよ。

飲み終わるまで引き返すのも失礼なんで、飲みながら「こちらの関係者の方ですか?」と聞いてみた。

「ええ、昔ですけど・・・」

その人はどうもハッキリしない。
何かおかしいし・・・。

でも俺に無関係なのはハッキリしてるんで作業に戻ろうとしたら「あの!聞いてもらえますか!」と、決意に満ちた真剣な表情。

「いいえ、聞きたくありません」と思わず本音が出てしまった。

相手は固まる、俺も固まる。

「仕事がありますから・・」と言ってそそくさとその場を立ち去る。

それから3時間ずっと俺を見てるんだよ・・。

夜中だぜ?
気味が悪くてなぁ。

で、ちょっと機械の下にもぐって作業してたんだ。
しばらくして這い出して窓を見たらいなくなってたんでホッとしたら、真横に立ってるんだよ。

「うわお!」って声が出て、「何ですか!」と怒鳴ってしまった。

「ここの関係者じゃないんでしょ?勝手に入らないで下さい!警察呼びますよ!」とまくしたてたら、「わかりました」って出て行った。

それから窓には誰もいないし、気にしてたら作業が終わらないんで、仕事に集中。
終わったのは朝方。
社員達が出社してきたんで、事の顛末を話して心当たりを聞いてみたが、誰も知らないって。

そもそも厳重に鍵かけて仕事してたのにどこから入ってきたんだろう?という問題もある

何とも言えない恐ろしい夜だったよ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!