ダイハード「ラスプーチン」

グリゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン。

1869年1月9日-1916年12月30日(ユリウス暦12月17日))は、帝政ロシア末期の祈祷僧。
奇怪な逸話に彩られた生涯、怪異な容貌から怪僧・怪物などと形容される。

ユスポフの回顧録によると、ユスポフは青酸カリを盛ったプチフールと紅茶をラスプーチンに用意したという。

しかし、ラスプーチンは毒入りの食事を平らげた後も態度に変化を示さず、ユスポフを驚愕させた。
ユスポフはラスプーチンにデザートワインを飲ませ暫く談議していた。(政治もしくは神秘主義について話し合っていたという)

数時間後、ラスプーチンが泥酔したことを確認したユスポフは応接室に向かい、ドミトリー大公からリボルバーを受け取った。
ユスポフは部屋に戻ると、背後からラスプーチンに向かって2発発砲した。
銃弾はラスプーチンの心臓と肺を貫通し、彼は床に倒れ込んだ。

しかし、死んだと思われたラスプーチンは起き上がり、「目を見開き、自らの危機を知った」という。

驚愕したユスポフは階段を駆け上がり中庭に逃れ、騒ぎを聞いて駆け付けたプリシケヴィチがラスプーチンに向かい拳銃を4発発砲した。

4発の内3発は外れたが、1発は右腎静脈から背骨を貫通し、ラスプーチンは雪の上に倒れた。

しかし、ラスプーチンは起き上がったため、神経質になったユスポフは靴でラスプーチンの右目を殴り、その後、ラスプーチンは額を拳銃で撃たれた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!