祖父を助けた俺の思念

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

大学の頃、通学時間の都合で祖父の家から通っていた。
脚の悪い祖父と二人暮らしだったが、問題なく暮らしていた。

ある日、帰宅のバスに乗ってて窓から外を見ていると祖父を見かけたので、無理に降ろしてもらった。

家からはだいぶ離れた場所だった。
祖父は俺を見るなり「無事かあ、よかった・・・・・・」と言って倒れ込んだ。

とりあえず近くのバス停(国道沿いで他に何もない)で座って話を聞いたら、「小屋で作業(DIYの類)してたら電話かかってきたから出た。おまえが涙声で、『おじいちゃん、おじいちゃん』と言って電話切れたんだよ。だから誰かにさらわれたかと思って探しに来た」と言われた。

どうやら、2時間近くもうろうろと歩き続けたらしい。
びっこ引いて。

俺は「それイタズラ電話か間違いだよ。脚悪いのにありがとう」と言った。

30分後に来るバスを2人で待っていると、1台の車が目の前で止まった。
降りてきたのは祖父宅の、近所の中年男性だった。

焦りながら、「山本さん(祖父)ここにいたのか。探したんだよ。山本さんとこの小屋焼けたよ、火事。家はだいじょうぶだけど」と。

びっくりしてすぐに車に乗せてもらい、帰宅。
家の周りには警察やら。

意味不明な電話の後、近所のDQN高校生数名が祖父宅の隣の空地でバイクやら車をいじっていて、それで爆発が起きて小屋に引火したそうで。

突発的なことだったので、その電話がなかったら、いつもびっこ引いてる祖父は危なかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!