しゃべる木

小1くらいの頃、家のすぐ裏にある公園で友達とよく遊んだ。

公園だからたくさん木が生えてるんだけど、私たちはよくその木と話をしていた。
・・・信じてくれなくてもいいけど、ほんとにしゃべった記憶はあります。

しゃべった内容は「1+1は?」とか聞くと、「3」とか間違った答えが返ってくる。

その公園はあんまり人気がなくて、木と話すときは人が公園の中にいないか毎回調べてからやってた。

ある日私が一人で公園にいたらある木から「根本に石置いて・・・」って聞こえて置いてあげたら「ありがとう」って聞こえてきた。

声はどんな感じかあんまり記憶にないけど、ちょっと怖いというか、人間離れしてる感じ。

私たちが小2になる頃にはもう声は聞けなくなった。

やっぱこういうのって小さい時にしか体験できないのかな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!