ライブハウスの奇妙なおじさん

これは私自身の体験。

あるライブのとき、ずーーーっと私を見ているお客さんがいた。
ライブハウスってステージ上から客席はかなりはっきり見渡せる。

その日は割りと満員に近い客入りで、幕が開いてすぐ客席をぐるっと見渡したとき、その人と視線がぶつかった。

下手の真ん中くらいの位置で、いつ見ても何回見ても目が合う。
短髪で痩せている中年くらい、白いシャツの男性で、無表情って感じでじーっと見てる。

こっちはライブに集中してアドレナリン出てるし、特に怖いという印象ではなかった。

微動だにせずに鑑賞する人はいくらでもいるし、好きなパートをじっと見る人もいるし、見られて悪い気もしないし。

その時は「あー、めっちゃ見てるなー」っていうくらい。

目が合ったときニコッとスマイルを差し上げたりもしてみた。

ちなみに私は鍵盤でその場から動いてないから、まっすぐ私のことを見てるのは間違いない。

何曲かやって、曲間でボーカルがしゃべってるときまでこっちを見ていた。
それでも「うーん・・・さすがにちょっと変わってる人?」としか思わなかったけど・・・。

出番が終わり、楽屋で機材を片付けて、汗拭いたりメイク直したりしてるとき、メンバーに「私のことめっちゃ見てるおじさんがいた」という話をした。

「私の熱烈なファンだねあれはw」、みたいな冗談っぽい言い方だったんだけど、私と同じ下手側に立っていたベースが「ああその人?俺もめっちゃ目が合ってたよ」と。

ドラム:「俺も見られてたけど」

ボーカルも、反対側にいたギターまでも「その人こっちの方見てなかった?」と、メンバー全員がはっきりその人を認識していて、全員が「ずっと自分を見てる人」だと思っていた。

ああなんだ、自分だけじゃなかったのか・・・と思いかけたけど、できる?そんなこと?

自分がその人を見たときだけ、たまたまその人もこっちを見ていただけかもしれない。

でもずっと見てるなーと感じるほどで、そう思うと無意識によけい見ちゃうから、かなりの頻度で見ていたはず。

それをメンバー全員分。
ありえないとは言い切れないけど・・・。

気になったので楽屋を片付けた後、客席に出て探してみたけど、それらしき人は見つからなかった。

その後特に怪奇現象があったわけでもなく、怖い思いをしたわけでもなく。

”私たちのライブを食い入るように見て、たまたま全員と物凄い頻度で目を合わせ、満足して帰った普通のおじさん”だったかもしれない。

おじさん、応援してくれていたならありがとう

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!