その橋を渡ったら最後

田舎の高校に通ってた高1の夏休みの時の話をします。

部活が夜20時に終わり、その後23時くらいまで部室で怖い話をしてた。
さすがに遅くなったから帰るか、ということになって家が近いAといつも通り帰ることに。

しかし、怪談話で怖くなって帰れなくなったJを家まで送っていくことになった。

Jの家は自分の家の反対方向のド田舎なのに、今思うとなんで自分たちが送って行くことになったのか謎。

3人で自転車を走らせていると、空は晴れ渡っているのに道が異様に暗いことに気付いた。
並んで走っている隣の奴の顔も確認できるかわからないくらい。

あと時折なにもないところでいきなり顔に霧吹きで水をかけられた様に顔がいきなり濡れるってことが何度もあった。
天気雨とかじゃなく局所的に一瞬だけ。

最初は3人で「こえぇぇ!」とか半分ふざけながらいたからなんとか平気だったんだけど、だんだん空気全体がおかしいことに気付き始めて、とにかく急ぐことだけを考えてたと思う。

Jの家に着くともう24時半になっていた。
自転車で30分の道のりなのに・・・とJは不思議がっていた。
とにかく怖いのと遅いのでAと一緒に家路を急ぐことに。

しかし、来た道を戻ってたはずなのにいつの間にかまったく知らない場所に。

いつ道を間違えたんだろう・・・なんて思い、電柱にある住所を見てみると、Jの家があるI町の隣の隣のK市に来ていた。
時計は24時45分。

A:「K市にいるってことはいつの間にか俺らの家を通り過ぎちゃったみたいだな」

俺:「だな。とにかく急ぐか。西にひたすら行けば新幹線の線路にでるはず。そしたらもう少しで家だ」

しかし、なぜか道にあった看板や地図を参考にしながら西を目指しても新幹線の線路なんてない。

昭和っぽい町並みやシャッターの閉まった商店の前をひたすら走り続けた。
2時間くらい走ってやっと遠くに線路が確認できた。

線路の近くにある小さい頃、通いなれた市民プールも発見できて、Aと一緒に安心していた。

プールの裏は田んぼばかりで用水路が張り巡らされていた。

用水路を渡るときいつも使う橋があったからその橋を通ろうとしたら、橋がなくなっている。
ていうか橋に続く道がなくなっていた。
プールから一本道なのに・・・。

仕方なく住宅地を縫うように走り、見知らぬ橋で用水路を渡ることに。

そして橋を渡ろうとした途端、急に息苦しくなり、音も明かりもなくなり、空気がさらに重くなって異様な雰囲気になった。

Aを見ると涙目で目をキョロキョロさせながら口をパクパクしている。
たぶん俺もそうなっていた。

ここはヤバイ・・・!と感じ急いで橋を引き返した。
橋から離れてやっと呼吸が落ち着いた時は二人とも冷や汗でびっしょり。

その後はどうやって水路を渡り帰ったかは覚えてない。
家に着いたら4時になっていた。

後日Aと昼間にプールに行ったついでに橋を念入り探して見たけど、結局見つからなかった。

いつも使う橋も元に戻っていた。
あと昭和な町並みや商店はK市やその周りの街にはないことが分かった。

一体自分とAはどこを彷徨っていたのか、橋を渡っていたらどうなっていたか、と考えると今も怖い。

Aもその時の話はよく覚えている。
ちなみに自分は方向感覚だけは優れていて、道に迷ったのはこの時以外経験してない。

部活の仲間にAと話したら「お前が道に迷うなんて珍しい」と笑われた。

長文失礼しました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!