廃村で不思議な声を聞いた

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

私の体験した話です。

学生時代にバイクで山を走っていた頃の話。

日本海を見に行こうと思い、山の中を走っていると雨が降ってきました。
最初はポツポツと降っているくらいでしたが、途中から土砂降りになり、雨宿りの出来る場所を探していると、朽ちた家や小屋のある廃村のような所に出ました。

「丁度いい、ここで雨宿りするか」

そう思って小屋の前にバイクを止め、中に入りました。
上がり框に腰掛けて、ビスケットを齧っていると雨音に混じって何か聞こえました。

「ん?なんだろ?」

小屋から顔を出しましたが、誰もいませんし、小屋の中を探してみても、誰もいませんでした。

「おかしいなあ、確かに人の声だったような・・」

そう思っていると、壁の向こうから何かが聞こえました。

『おなかすいたな~』
『おいしそうなの食べてたな~』

そんな感じの事を言っていました。

「何かあるのか?」

そう思い、外に出て壁の向こう側にいってみると、草叢の中に御地蔵様がありました。

子供の頃、祖母から「御地蔵様はさびしがりやなんだよ」と聞いたことがあったので、周りの草を抜いてビスケットの残りをお供えして行きました。

そのお陰かどうかは分かりませんが、少ししたら雨が止み出発することができました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!