もう死ぬことしかできない

飲酒運転で死亡事故を起こしたある加害者の妻の手紙。

私はもう生きて行く根気も力もなくなりました。
ご承知のように私の夫は死にました。
相手の方も亡くなりました。

私に財産がたくさんあればご遺族の方の気が済むように弁償したいと思います。
亡くなられた人の命を元通りにすることは出来ませんが・・・。
でも私には何もありません。

それでも将来家を建てるために貯金しておいたお金と、テレビ、冷蔵庫、指輪、夫の洋服等を売りました代金合わせて120万円を、他に夫の退職金を全部差し上げる条件でご遺族の家に持っていったのでございます。

しかし、「こんな少額では納得できないから、親類回りをして、それが無理なら働いて毎月1万円ずつ弁償しなさい」とおっしゃいます。
私のように学歴もなく、手職もない人間に何万円もの給料を払ってくれるところがありましょうか。

たとえ就職することが出来たところで、弁償金と家賃を払ってしまうと、生活費にまで回すことが出来ないのでございます。
どうやって私と子供二人が生活すればよろしいのでしょうか。

罪のない子供の生活だけは、近所の子供たちと同じようにしてあげたいと
願うのは母として当然のことではないでしょうか。

子供たちには「お父さんはどうしたの」「なぜテレビがなくなったの。テレビが見たい」とせがまれます。
子供たちは今、スヤスヤ眠っています。
これからお父さんのもとに行けるのも知らずに。

ご遺族の両親のおっしゃることは決して無理なことではありません。
私の夫さえ酒を飲まずに運転していたならばご子息を死なせずに済んだのでございます。

警察署長様、この小さな子供の命を奪う母を馬鹿な女とお呼びください。
親子三人でお父さんの元に参ります。

私と子供二人の命とひきかえに、夫の罪をお許し下さるよう、ご遺族のご両親におとりはかり下さいますようお願い申し上げます。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!