排水溝が怖くて近づけない理由

俺は長崎に住んでるんだが、20年くらい前に長崎大水害ってのがあったんすわ。

人が何人も亡くなって、長崎では原爆以来の災害だったワケで。
で、俺はその頃は中坊で、実家は停電中でロウソク立てて家族でのんびりしてたんですわ。

俺は反抗期で、そんなダラダラな雰囲気が我慢できず、こっそり家から出て、強風を楽しんでいたんです。

山肌や広い通りに面した家は、風でガタガタしてたんで、俺は狭い商店街を歩いてたんです。

したら、道路横のデカイ排水溝から、「ガギャッ!!」ってデカイ音がしたんです。
金属に何かがぶつかったような、金属がズレるような、音。

風音よりデカイその音にビビッった俺は、恐る恐るその排水溝に近寄っていくと、排水溝の穴から、指らしきものが出て、なんかピクピク動いてるし・・・。

商店街に人通りは全く無くて、俺一人、思考停止したまま目だけをこらし見てたんですけど、その指、パッと消えてしまって、あとは水の流れる音のみ・・・。

まさか・・・人・・?

ちなみにそのデカイ排水溝は、中島川っていう、当時は深かった川に通じてるんです。

もうそれ以来、トラウマになったのか、排水溝には近づけません。
あの穴からまた指が出てくるかも、と思うと・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!