それは絶対に良くない者だった

何か眠れなくて、ネットしてたら朝の4時過ぎくらいになった日があった。

いくら何でもいいかげん寝なきゃと思ったら、雨戸が一つ開いたまま。
どうしようかな・・・不思議と閉めるのがなんとなくためらわれて、なぜか躊躇したあと、でもまあ眠るには明るすぎるしと思って、雨戸を閉めるためにそこの障子を開けたら、まん前の玄関に俯いた女の人が立ってるんだ。

黒のスパッツっぽいズボンで、スカイブルーみたいなはっきりした青の上着で、髪はセミロングの直髪の黒で、首がありえないほどうなだれた、斜め後ろ姿だった。

一瞬、セールスか何かかなと思って、反射的に障子を閉めたんだけど、え?あれ?いま朝の4時半だかでしょ?!と慌ててもう一度開けると、誰もいなかった。

思い切って左右見たけどいなくて、(前の道路は見晴らしが良い)女の足にしては早すぎる。
犬も連れてなかった。

思い当たる事と言えば、その時は夏で、家族で沖縄に行ったすぐあとだった。

禍々しい雰囲気だったので、良くないものだとは感じたんだが、こんな体験は本当に初めて。
本当にそこにいたし、透けてもいない。
ただ、独特の雰囲気だった。

良くないものと波長が合っちゃったのかとショックだったが、翌日、飼ってた数匹の小鳥が全滅してた・・・。
身代わりだったんだろうか。

なぜか障子を開けるのを躊躇ったとき、障子を照らす朝ぼらけの光がなんか独特な感じだった。

あれが直感だったんだろうな。
むこうを見ないほうが良いって。

ああいう良くなさそうなものを見ちゃうって、運が落ちてるのかな、何なんだろうってしばらく落ち込んだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!