福島に伝わる『ワカ』という人

世の中には不思議なことが本当にあるんだな・・・。
信じてなかったんだが考えが変わったわ。

母方の祖父が体調を崩して入院した。
何度か入退院を繰り返してたので、今回も早く退院できるといいなと思っていた。
そんなとき母が『ワカ』に祖父の相談をしてくると言い出した。

『ワカ』ってなんだ?

母に聞いたら、うちの福島の田舎では、生まれつき盲目の人で不思議な力を持った人は『ワカ』と呼ばれ、色々物事を教えてくれるらしい。

母も『ワカ』に詳しい訳ではなく、なんとなく知ってる程度で、今回初めて頼ってみるとのことだった。

その『ワカ』に相談してきた母。
ワカは「今回は覚悟するように、10日に注意するように」と言われてきた。

9日に祖父をお見舞いをした。
祖父は回復して元気だった。
医者も数日中に退院できるだろうという。
だが、10日の朝5時に、いきなり母から起こされた。

「枕元に祖父が来た」という。

今から病院へ車を出してくれと頼まれ、すぐに車を出して病院へ向かった。
途中、母の携帯に祖父が危篤だと連絡がきた。
病院に着き祖父の病室へ。
祖父は母と最後の別れをして、すぐに亡くなった。

母がお世話になった『ワカ』にもう一度お礼をするので、一緒についていった。
その『ワカ』はお婆さんで、結婚もして孫もいる方だった。

ご本人の説明では、昔から地元では盲目の巫女を『ワカ』と呼ぶ。
結婚していてお婆さんでも、盲目の巫女で『ワカ』。

祖父が先祖を敬い神仏を信仰していたから、『ワカ』は少しだけお手伝いできただけという。

今回、初めて『ワカ』に頼ることがすでに不思議なことだけど、それも導きだという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!