巫女さんかの衝撃の一言

蛭子さんみたいな妖怪?と言うか神様(たぶん)に遭遇した話。

父が倒れて半身麻痺になってしまい、急に何故か某神社に参らなくちゃと急に思い立ち、行った事も無い電車で一時間半離れた神社に向かった。

そこは年に一度の有難い神事の最中で、私も手口を清めて列に並んでいると、ちっこい爺さんが割り込んで来た。
正直、チッと思いつつも神様の前だし邪念イクナイと思い黙ってた。

で、自分の順番になり、ちっこい爺さんと並んで神様に手を合わせると、横で爺さんが「お前の親父はまだ大丈夫」って言い出したの。

はぁ?と思って横を向いて爺さんの顔を見ると、爺さんの白目が無い!
何ていうか、回転寿司CM宇宙人の目みたいな感じで、服もボロいし、ちょっと臭う以外は普通の爺さん。

動揺してると、爺さんに覆い被さるように次の参拝者が横に来て爺さん消えた。
横に来た人は爺さんの存在なんて無視してて、見えていないようだった。

折角だし御守りも買おうと社務所に行くと、さっきの爺さんが巫女さんと談笑中!
ナニコレ怖い、と思ってたら爺さんが巫女さんに「あ、ネエチャンあの人に緑の御守あげて」とか言ってる。

もう目が点でね、何なのコレ~~~てな感じなってたら、巫女さんに満面の笑顔で「今のウチの神様なのw見えたんですネwwっ」て・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!