弟は今は見えないフリをしている

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

私には十も歳下の弟がいる。

その弟は時々、おかしなものを見ていた。

中学二年生のころの話だ。
その頃、弟は双子である妹と一緒に保育園に通っていた。
妹のほうは、よくいるちょっとませた女の子だったのだけど、弟のほうは少々変わったところがあったようで、両親はたびたび、保育士さんから相談をされていたらしい。

弟:「ねえちゃん。あれ、なに?」

その日、なにが理由だったか忘れたが、私は学校の帰りに弟と妹のお迎えを頼まれていた。
その保育園は、教室まで直接お迎えに行くのが普通だった。

制服のまま敷地に入るのは気が引けたけど、私もそれにならって教室まで行った。

教室で、弟は床に直接寝転がって、ぽけっと天井を見上げていた。
保育士さんがなにやら声をかけていたけれど、見事に無視していた。
保育士さんが抱き起こそうとすると、めちゃくちゃに嫌がった。
その様を、これまたぽけっとした顔で、妹が見ていた。

妹:「あいつ、なにしてんの?」
私:「わかんない」

妹は、ほわほわと笑った。
弟の奇行を見ても嫌がらず、驚きもせず、妙に泰然自若としていて、こちらはこちらで変わった妹だった。

ともあれ、弟を放置はしておけない。
私は保育士の許可を貰って教室に入ると、弟を無理矢理に引っ張りあげて立たせた。
弟は、やはり嫌がったが、最後には諦めたのか、ずいぶんおとなしくなった。

私:「なにしてんの?」
弟:「あれ、みてた」

弟は天井を指差した。
私が見る限り、よくある普通の天井だった。

私:「あれって、どれよ」
弟:「あっこにくっついとる。虫みたいの。ねえちゃん。あれ、なに?」

私:「どんなの?」
弟:「くろくて、ぴかぴかしてる。あしがいっぱいで、そんで、つのがある」

カブトムシかと思った。
実際、そこまで挙げられた特徴は、カブトムシのものに思えた。

弟:「そんでね、かみがながい」
私:「かみって、髪の毛?」

弟:「うん。あとね、せなかにめがある」
私:「背中に目?」
弟:「でね、くちがでっかい。そんでね、こっちみてる」

黒くて、ぴかぴかしていて。
足がたくさんあって、つのがあって。
髪が長くて、背中に目のある。
口の大きな、虫のようなものが、天井にいて、こっちを見ている。
弟の話を総合すると、そういうことだった。

私はもう一度、天井を見た。
やはり、普通の天井だった。
虫らしきものはいなかったし、弟の言うようなものも、いなかった。

キチキチキチ。
カッターナイフの刃を出す時のような音がした。

弟:「あ、わらった」

そう言って、弟はほわほわと笑った。
私は、なんだか嫌な予感がした。

私:「それ、あんま見るな」
弟:「なんで?」
私:「危ないから。見た目がヤバそうなやつは中身もヤバいって、兄ちゃんも言ってたろ」

弟:「つかまえたい」
私:「ダメ。噛まれたりしたらどうすんの。危ないだろ」

弟:「でも、さっきまでゆかにいたから」
弟:「ちょっとさわっちゃったけど、なんもなかったよ」

私はなにも聞かなかったことにして、弟と妹を連れて帰った。
そしてまっすぐ神棚に行って、どうか双子が変なものに襲われたりしませんように、とお願いし、一人で食べようとこっそり買っておいた、高いチョコレートをお供えした。

そのあと仏壇にも行って、同じように手を合わせた。

私の真剣な祈りが通じたのか、あるいは高級チョコの力かはわからないが、その後も双子は元気いっぱいで、怪我も病気もしない健康優良児だ。
保育園でなにかあったという話も聞かないから、他の子にも被害はなかったんだと思う。

あれの正体については、やぶ蛇になるのも嫌なので、調べたりはしていない。
だから全くの謎だ。
でも、決していいものではなかったと今でも思っている。

弟はその後も時々、おかしなことを口走った。
けれど、小学校に通いだしてからは少しずつ減っていって、中学にあがるころには、そういうこともなくなった。

ただ、それは口にしなくなっただけで、もしかしたら今でも、なにかおかしなものを見ているのかもしれない。

時々、なにもない場所を見てはこっそり顔をしかめているのを見ると、そんな風に思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!