ターミネーター鴨

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれた。

彼の祖父:「儂みたいに猟を職にしてはいなかったが、鴨撃ちが大層好きな奴がおったよ。鹿とか猪とかには興味示さんかったが、鳥撃ちだけは別じゃった。空に向かって撃つのが好みだったんかの。腕の方は中々なモンでな。」

彼の祖父:「こいつがある時、おっかしい話をしてたんじゃ。夕時に、一羽で飛んでる鴨を見かけての、早速構えてブッ放したとか。見事命中して、鴨は当然頭から落ちた」

彼の祖父:「おかしくなったのは、このすぐ後よ」

彼の祖父は声を低くして話を続ける。

彼の祖父:「半ば落ちた辺りで鴨の奴、ククッと身を持ち直したんだと。有り得ねえって目を疑ったが、確かに鴨は元の高さまで戻って羽ばたいてやがる。気を取り直してもう一発撃った。外さねえよう慎重に。」

彼の祖父:「また当たった。確かに当たった。さっきと同じように鴨が落ちる。だけど、今度も平然と身を立て直しちまった。先ほどとまったく同じように。そんでやっぱり、まんま何事もなかったように飛び続けたってよ。もう意地で撃ちまくったらしい。でも鴨はその度に復活果たして飛んで行きやがる。結局撃ち落とすこと叶わんで、夕焼け雲の中に悠然と消えてったそうだ」

ここで祖父さんはガハハと笑った。

彼の祖父:「儂も長いこと猟に関わったが、鴨撃ちが鴨に馬鹿にされたって話は、初めてだ」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!