山で生き延びる知恵がある

知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれた。

彼の祖父:「仲間と二人、よく使ってた狩り場に通じる細道を歩いてた時なんだけども。いきなりでっかい木が道を塞いでた。でもよ、そんなこと有る訳無えんだ。何度もそこを通ってるってのに、そんな大きな物が植わってりゃ牛でも覚えてら」

彼の祖父:「あぁ、これは何かあるんだろうなって話してよ、その日は引き返したんだ。他の狩り場にも行かなかった。アヤが付いた時の殺生は縁起が悪いから。二、三日してから再び行ってみたら、あの大木は綺麗さっぱりと消えてた。さてはあの奥で主がお産か何かしてたか、そんなことを仲間は言うとったな」

ヤバいと感じたモノには近よらないのが、生き延びる知恵の一つなのだそうだ。

彼の祖父:「まぁ知恵っつうか約束事っつうか、山でも街でも同じだろうけどよ」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!