意志持って人を見る自動販売機

とある友人から聞いた話。

彼は、トラックの長距離運転手をしている。
その仲間内で、有名な自動販売機があるという。

人家もまばらな田舎の道には、休憩用に路側帯を広く取っている箇所が所々にある。
そこには大抵自動販売機が設置されており、中にはそれが五、六台並んでいることも少なくない。
そんな、とある田舎町のとある休憩所には、ハズレの自動販売機があるという。

五台並んだ自動販売機の、右から二番目がそうだという。
見た目は何の変哲も無い自動販売機だ。
何がハズレなのかといえば、選んだ商品がその通りに出てこないことが、度々あるのだという。

暑い時期にはホット飲料が、寒くなればコールド飲料が出る。
喉が渇いているのにとろりとしたスープが出る。
コーヒーが飲めない者にはコーヒーが、炭酸が飲めない者にはコーラが、甘い物が苦手な者にはおしるこが出てくるという。

これだけでも十分嫌がらせなのだが、当たり付きでもないくせに、いらない飲み物が一気に数本ゴロゴロ出てくることもあるそうだ。
そして、ハズレの飲み物が出た後だけ必ず、自動販売機が喋るという。
妙に明るく甲高い、イントネーションが狂った機械独特の喋り方で、「ざんねん、ハッズレ????まったきってね?????」と。
そして、キャハハハッと、そこだけ生身の人間のように笑うらしい。

その自動販売機のことを知っていても知らなくても、初めてそれに遭遇した者は、その声を聞いて必ず固まってしまうという。

私:「そんな傍迷惑な自販機、さっさと連絡して撤去してもらえばいいじゃないか。ただの機械の故障じゃないのか?連絡先も書いてないような、古いやつなのか?」

私は呆れてそう言った。
話してくれた友人は、無精髭を撫でながら返した。

友人:「大手メーカーので、ちゃんと連絡先も書いてるよ。中身の飲み物も普通だしな。実際連絡した奴もいたらしい」

私:「それなのに、変わらないのか?」
友人:「モノが変わったかどうかは知らんが、相変わらずハズレは変わらんよ」

私:「じゃあ、使わなきゃいいじゃないか。他のは普通なんだろ?」

そこで友人はニヤリと笑った。

友人:「実はな、あの自販機でハズレに当たると、ツキが回ってくるんだよ。競馬やパチンコで大勝ちしたり、宝くじで億を当てた奴もいたらしい。だからみんな、あそこで買いたがるんだ。最近は、アタリの自動販売機なんて呼ぶ奴もいるぞ」

私:「お前もあるのか」

友人:「あるぞ。その直後、パチンコですごいことになった。でも、一回だけなんだよなぁ。狙っていくと、ふつうの自販機なんだよ。中には、あれに一万円分つぎ込んでも、目当てのコーヒーしか出てこなかった奴もいる。なんでかなぁ」

なんでも何も、それが普通で当たり前だ。
私がそう言うと、友人は悔しそうに髭を撫でた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!