歪みの向こう側にいる者

中学生のときだったかな。
休みの日に、友達に公衆電話から呼び出されて、部活なんかもやってない俺が、しぶしぶ学校に行った。

そいつは野球部のやつで、何で公衆電話からなんだろう、と少し変に思いながら。

部活が終わったのがその時間なのか、呼び出されたのは夕方で、陽もすでに落ちかけてて、学校内も人がまばらになっていた。

さすがに職員室には教師が数人いたと思うけど、友達が来てくれと指定した場所は3階の教室の前だった。

階段を上り、廊下に出ると、夕陽のまぶしい光が直接目に飛び込んできた。

少し目がくらんで、その後よく廊下の先を見てみると、人影があった。

俺はそいつだと思って目をこすりながら近づこうとして、待てよ、何かおかしいぞという事に気がついた。

廊下が歪んでる。

歪んでる、というのは誇張でもなんでもなくて、目を凝らしたけど、本当にぐにゃぐにゃと陽炎みたいになっていた。

廊下の脇に角材が置いてあったんだけど、それも途中まではまっすぐなっていて、途中からぐにゃぐにゃと歪んで揺れていた。

そして、俺を呼び出した「友達」が、その歪みの「向こう側」に居ること。
終始、逆光で、黒い影しか見えなかったこと。
よく考えれば不可解なことが、一瞬で頭を駆け巡り、逃げようと決めた、その時だった。

影が突然縦に細くなり、ものすごい速さで揺れ始めた。
影絵「パンを踏んだ娘」みたいな感じで、ぐにゃぐにゃ、ぐにゃぐにゃと。

あわてて階段を駆け下りて、一階の職員室に飛び込むまでとても長かった。

事情を説明しても信用されるとは考えず、でも教師に会えた事で少し安心感が沸き、
苦笑いで部屋を後にした。

結局、まあ今考えるとやっぱりというか、その友達は俺を呼び出してはいないということだった。

学校が結構田舎くさい場所にあったから、何か因縁めいた話でもあるのかな、と思っていたが、そういう話も無く、謎は謎のまま終わってしまった。

ただ今でも、あのまま歪んだ先へと行っていたらどうなっていたのか、ということだけはあまり考えないようにしている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!