同じ現実は無数に同時進行している

俺の母親は、俺が小学生2年生の時に死んだ。

死んだことを納得できず、そのあと一月くらいは母親が帰ってくるのでは?と期待していた。

ある日。
学校から帰ると普通に母親がいた。
買い物を済まして夕食の準備をしていた。

父親が帰ってきたが、母がいることに驚く様子はなかった。

子供だったので、母が帰ってきたことがうれしくて、そのまま生活した。

学校にいって、友達に「死んだおかあさんが帰ってきた」と話しても、「オレくんのおかあさん、死んでないじゃん」と言われた。

楽しい日々が続いた。

1年半ほどした、その日は、遠足だった。

母親の作ってくれた弁当はとてもおいしかった。
遠足から帰ると、家に母親の姿はなかった。

家中探し回ったがいなかった。
母親が生活していた痕跡もなかった。
慌てた俺は、家の近所も探し回ったが見つけられなかった。

夜になって父親が帰ってきたので、「おかあさんがいなくなった!」と言ったら。
「おいおい、おまえ、いまごろ何言ってるんだよ・・」と困った顔で言われた。

次の日から、父親と二人の生活が始まった。

30年以上経った今でも、あの時の母との生活を思い出す。
何だったんだろう?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!