鮎釣りで不思議な体験をした

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

友人の話。

渓流へ鮎釣りに出掛けた時のこと。
地元の漁協で囮用の生き鮎を買ってから、沢に下りた。
鮎を囮缶に入れ、その内からまず一匹を仕掛けの鼻管にセットし、友釣りに入る。
始めるや否や、入れ食いの状態になったという。

狙ったポイントに友鮎を向ければ、すぐに活きの良いのが引っ掛かる。
形といい大きさといい、これまで味わったことがない程の釣果だ。

良い気分で竿を振っている内、突然フッと手が軽くなった。
友鮎がバレでもしたかなと、仕掛けを手元に引きよせてみる。
その先にぶら下がっていたのは、頭だけになった友鮎だった。

鰓から下は、切り取られでもしたかのように、すっぱりと失くなっている。
少々不気味に思いながら、次の友鮎を取り出そうと囮缶に手を伸ばした。
囮缶の中には、生きた鮎は一匹も残っていなかった。
皆、先と同じように、頭から下を綺麗に食い千切られている。
馬鹿な、あれだけ沢山釣ったのに!?

慌てて缶の中を改めた。
中にあったのは、丁度彼が購入した数より一つ少ない、魚の頭。
鼻管に下がっている分を加えると、数がピタリと一致する。

・・・やられた、化かされた・・・

爆釣してるように惑わされて、その間に友鮎を全部喰われちまった。
その時程がっかりした出来事は、これまでの人生で体験しなかったという。

しばらく後に、顔見知りの釣り仲間にこの話をしてみた。

「○○岩の下に行ったンか。そりゃ場所が悪い。あっこには鮎狐ってのががいて、魚はそれこそ根こそぎ盗まれんだヨ。頭だけ残してくってのが、また小馬鹿にしてるよな」

そう聞かされて、再びがっくり来たのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!