屋根裏でそれを見つけたんだが、誰も心当たりない

もう二年くらい前だけど、バイトしてた小さなカラオケ屋が幽霊屋敷というか意味がわからない場所だった。
とにかく古くて小さなカラオケで梅雨時期は雨漏りがひどかった。

ある日いい加減業者に見てもらおうということで店長立会いのもと自分が屋根裏に上ることになったんだ。

店長が女性で当時妊娠してたから自分がが担当。
んで脚立使っていざ屋根裏にのぼって雨漏りの場所探し、当然屋根裏だし真っ暗で、懐中電灯使いながら探してた。

すると木枠?っていうのかな?
その部分に古びた扇形のお札みたいなものがぽつんと刺さっているのが目に入った。
一目見てぼろぼろだったし、明らかに年代が経ったものだった。

その時既に自分は何度かその店で不思議な体験をしてたし、今更お札ごときでは驚かずなんとなく下で様子を伺ってた店長に「あーこの店お札とかはちゃんとしてんすねw」
ってなんとなく言った。

そしたら店長「え、お札??」と。

店長は店長になる以前のバイト時代からこの店にいたし、10年以上滞在してその間自分も何度か屋根裏にあがったことがあったけど、お札の存在を始めて知ったそうだった。

初めは店長が俺を怖がらせるためにからかってんだと思って「またまたww」とか言ってたんだけど、店長はそういう幽霊とかがほんとに駄目な人で、一人で残るのが怖いから無理っていう理由で閉店作業を申し訳ないけど・・・とバイトにお願いして帰ってしまうくらい怖がりの人だった。

真顔でそんなお札なんて屋根裏登ったことあるけど知らないっていう店長にこっちも寒くなりつつ、一階にいたもう一人の従業員(店長と同期)に聞いてもそんなの見たことない、と言われてしまった。

でも明らかに最近のものではないし、色は褪せてぼろぼろにもなってる。
ほんとにどう見ても貼られてから数年以上は経っているものだった。

結局その日は謎のお札の存在に違和感を覚えつつ、雨漏りの場所は見つけたんで作業は切り上げて下に降りた。

んで、確か二日後か三日後くらい。
業者に依頼する前にまた新たな雨漏りが発生したから、また屋根裏に登ることになった。

お札のことがあったから少し気持ち悪かったんだが、屋根裏登って懐中電灯でお札のあった場所をなんとなくまた見ようとしたんだ。

そしたら、お札が何処にも無かった。

なんかもう、パニックでした。
ほんとに綺麗に無くなってた。

下に落ちたのか?と思って探して見たけど何処にも無いし、あれは何だったんだろうと今でも時々思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!