本当はどっちも現実なのかもしれない

私にはすごく仲のいいA子がいたんだけど、ある日、突然に死んでしまった。

交通事故に遭って、その時はぴんぴんしてたんだけど、夜中に急に容体が変わって誰にも看取られずひっそりと逝ってしまった。
事故に遭ったという報せを聞いて慌てて連絡した時には、「お見舞いの品は○○のプリンで!」とか軽口を叩くくらい元気だったのに。

A子は私の2つ上で、放置子だった私を何かと構ってくれて面倒見てくれて、実の姉のように思っていた。
これからも二人で行きたい場所やらやりたいことやらたくさんあった。

訃報を聞いた時から、頭の中がずーっとぼんやりして、自分が泣いてるのか何をしているのかどこにいるのかわからなくなった。
時計がいつも通り時間を刻んでることや新聞がいつも通りに届くことが無性に許せなかった。

でも時間が経つにつれ、徐々に普段通りの生活を送れるようになった。
それでも日常の些細な場面で「A子はいないのに私は何をしているんだろう」と考え込んだりした。

ある日、目を覚ますとA子がベッド脇の椅子に座っていた。
これは夢か?と思っていると、A子は私に気づいて「やっと起きた」と泣いていた。
よく見ればそこは自分の部屋ではなく病室で、私は病院のベッドで寝ていた。

結果から言うと、事故に遭ったのは私だった。
プリンを欲しがったのも私で、夜中に容体が変わったのも私。
ただ私は死んだわけではなく、昏睡状態になっていて3日ほどで目を覚ました。

A子が死んだのは私の夢の中の話で、現実のA子はずっと私を心配してくれていた。

A子からすれば私は無事だったし、私からすればA子が生きていて良かった話なんだけど、A子が死んだときの感情があまりにもリアルすぎて、たまにどっちが現実かわからなくなる。

あんなに苦しくて辛かったのが夢なら、A子が生きているこっちだって夢で、唐突に夢から覚めてまた違う現実があるんじゃないかと怖くなる。

カウンセリングにも通ってるけど、目が覚めた時の足元から現実が崩れ行く感触が忘れられない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!