迷惑行為が自らに跳ね返り死亡・・・

昔、うちの近所に通称『車椅子のじじい』といわれる爺さんがいた。

この爺さん、足が不自由なせいで性格がひねくれて、ことあるごとに、道路に寝転んでバス止めたり、店の玄関前に座り込んで営業妨害をするのが日課だった。

友人なんかは駅前のゲーセンでバイトしてて、何度となく嫌がらせされて辟易してた。
自分もその現場は見てたし、道路に寝そべって、警官に注意されてる姿を何度も見てた。

ある日新聞を見ると『車イスのおじいさん、電車に轢かれる』の記事が載っていた。
厄介者が死んだので、みんな大喜び。
うちの家族もみんな喜んでたし、例の友人なんかは、まさに大歓喜。

まあ、ここまでは普通の話なんだけど、こっから先が後味の悪い話になる。

数ヶ月して、新聞にある投書が載った。
あの爺さんが、電車に轢かれた記事を読んだ小学生の投書だった。

『あのかわいそうなおじいさんは、きっと、自分身体の不自由さに耐え切れず自殺したんでしょうね。そう考えるとかわいそうでなりません』

いや・・・ただ、いやがらせで、電車止めようとしただけだから・・・。
駅すぐ横の踏み切りだったんで、普段なら電車は停止できたんだけど、それがたまたま急行だったもんで、そのまま轢いちゃっただけ・・・。

掲載された新聞は、読売新聞。
東京版じゃないと載ってないかもしれない。

30年くらい前だったかな・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!