山の神様に仕える人と遭遇した

1年前の冬。

友達二人と山道をドライブをしていると、途中でエンストしてしまう。

携帯の電波が届かないような場所だったので、どうしようかと半パニックになる。
とりあえず、すれ違う車を発見したら助けを求める、という結論で一致した。

暫らくすると、ロングコートを着たスーツ姿の男が歩いてくるのが目に入った。
明らかにおかしい。
ここまで2時間は走ってきたが、あんなヤツは一度も見なかった。
そもそも、こんな山道を歩いている時点で異常である。
私達は車に乗り込んでやり過ごすことにした。

コンコンと窓を叩かれ、そちらを見ると男が立っている。
パワーウィンドウが動かず、かといってドアを開けるのも怖いのでガラスごしに話した。

男は一見して高校生のような顔をしているが、その雰囲気は老成していた。
声は低い美声で、正直なところ年齢不詳だった。

男:「どうしました?」
友人:「・・・車がエンストしたんです」

男はいきなりボンネットを開け、暫らくそこを眺めている。
そして、唐突にエンジンが掛かった。

男:「もう大丈夫ですよ」

修理してくれたのかと思ったが、男の指には油ひとつ付いていなかった。

友人:「良かったら乗って行きますか?」
男:「私はここに仕事があるので」

そう言って来た道を引き返して行った。
背筋がピンと伸びた軍人のような歩調だった。

あの人は山の神様に仕える人だったのかもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!