出会わない同居人

今から30年位前の大学生の頃の話。

ワンルームの古いアパートを借りて住んでいた。
風呂なしでトイレは共同。
それでも特に困る事なく暮らしていた。

そこに住み始めて半年くらい経った頃、ある違和感に気づいた。
帰るとやかんにお湯が沸かしてあったり、空っぽの冷蔵庫に食糧が入っていたり、身に覚えの無い出来事が何回も起きるようになった。

もちろん彼女はいなかったし親が来ている訳でもない。
万年床、汚部屋はそのままだった。

俺はその食糧を食べる事もなく、やかんは丁寧に洗って使っていた。

しかし、またしばらくすると冷蔵庫に食糧が入っている。
さすがに気持ち悪なり管理人へ相談してみた。

そこで発覚した。
二重貸しの手違いだった。

俺と同じくらいの年齢の大学生の男性らしい。
その時は原因がわかってホッとしたんだけど、よく考えたらその男性と鉢合わせした事がなかった。

部屋も綺麗になるわけでも汚れるわけでもない。
ただお湯が沸かしてあった事と冷蔵庫の食糧だけ。

数ヶ月後くらいにそのアパートは引っ越した。

次のアパートも古かったけど駅からわりと近くて快適だった。
ワンルームは変わらず、でもトイレも風呂もあった。
彼女は相変わらず出来なかった。

1ヵ月くらい住み続けていた頃、またしても不思議な事があった。

冷蔵庫に身に覚えのない食糧。
食パン、牛乳、タマゴなどの何気ない物。
前回の事もあるし怖くなってまた管理人に連絡した。

しかし今回は二重貸しではないらしい。
管理人も盗られた物は無いかなど色々相談にのってくれたが何も盗られていないし、様子をみるという感じで話は終わった。

夏休みになり2週間くらい実家へ帰省した。
そしてアパートに戻った時、自分の勘違いではないと確信した。

またタマゴが冷蔵庫に入っていて、その製造月日が俺が留守にしている時と重なっていたからだ。

これは誰かが俺の部屋に入っている!
間違いないと思い近くの交番へ駆け込んだ。

警官は俺の話を真剣に聞いてくれたけど、住所氏名などを書かせ「報告しておきます」と言うだけで帰された。

今みたいにスマホもないし、近くに公衆電話も無く友人に助けを求める事も出来ず。
部屋の窓の鍵を確認し玄関のチェーンをしっかり掛けてその日は寝た。

次の日、大学でその話をすると「あしながおじさんじゃない?」みたいに言われ相手にされなかったが、俺が真剣に話し続けているのをみて「本当の話なのか?」と信じてくれた。

そして、わりと近所に住んでいたAが俺がバイトで不在時に来てくれると言い出してくれた。

Aに留守番を頼んだのは数回。
しかし特に何事も無く誰かが尋ねて来た事も無かったらしい。

Aはその後、突然大学を辞めてしまい疎遠になった。
何をしているのかも分からない。

不思議なのは当時の大学の同級生みんなに聞いても誰もAを覚えていない。
そんな奴知らないと言う。
俺のその不思議な話も覚えていないと言う。

あの時、その話をしたのはAを含めた4人だったが、他の奴らは全く覚えていないと言う。

冷蔵庫に食糧を入れていたのがAだとは思わないが、俺の中でたまに思い出しては納得出来ない不思議な話だ。

ずっと不思議に思っていて自分でも消化しきれずにいたので書かせてもらいました。
変な奴だと思われるのが嫌で結婚した今は誰にも話していません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!