その尻尾を追っかけてみると

友人の話。

彼の実家は山奥の旧家である。
子供の頃から年に何度かの割合で、尻尾を見るのだという。

暗く長い廊下を歩いていると、先の闇中でズルズルと這う物がある。
どうみても蜥蜴の尻尾。
灰色で柔らかそうな。

ただ、大人が一抱え出来そうなほどの大きさがあるけれども。
追いかけると、するりと角を曲がって見えなくなってしまう。
駆け付けた角の先には、動く物など何もいない。

そんなことが度々あったのだと彼は言う。

家人によると、ヤモリサマの尻尾だろうということだ。
昔からこの家に住まう守り神だと聞かされた。

「ヤモリって多分“家守”って字を当てるんだろう。でも本当に守ってくれているかなんて、実際誰にもわからないけどな」

今でも里帰りした折、見ることがあるらしい。

「出なくなったらなったで、ちょっと寂しく思うかもしれないね」

生真面目な表情で、彼は呟いた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!