炭焼きをした夜には外に出るな

仕事仲間の話。

山奥の実家に里帰りしたとき、義父の炭焼きを手伝うことにした。
幼い息子も行きたがったので、連れていくことにした。

義父は大層喜んだが、一つだけ妙なことを言う。

「今夜遅く、日付の変わる頃合には焼き小屋の外に出られないから。トイレは早めに済ませておくか、我慢しろ」

「どうしてですか」

そう問えば「今日はそういう日だから」としか答えない。

興味を覚え、深夜まで起きていたが、特に変わったことは何も生じなかった。
少し残念に思いながら眠りについたのだという。

しかし翌朝、息子がこんなことを口にする。

「昨日の夜はお外ですっごい音がしてたね。象でも通ったのかな?」
「象は日本にいないし、大体が昨晩そんな音はしなかったぞ」

彼はそう嗜めたが、息子は頑なに、大きな足音が聞こえたと言い張る。

義父は「ほう、あれが聞こえたか」と少し感心したような声を上げた。

「僕には何も聞こえませんでしたが」と彼が困惑しながら尋ねると、「まぁ見えたり聞こえたりしない方が良いかもしれん」とだけ返す義父。

大きくなった今も時々、息子はあの夜の話をする。

「あの音、親父だけ聞こえなかったんだよな」と嬉しそうに。

それを聞く度、何故か悔しくなるのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!