マタマタというモノノケ

同僚の話。

家族を連れて、牧場に遊びに行った。
山の牧場はとても長閑で、乳搾りをしたり羊を触ったりして楽しんでいた。

そうこうしてるうち、子供した。
「あそこに何かいるよ!」と言って柵を指差す。

彼には何も見えない。

「何もいないぞ」と返すと、「ダメ、それじゃ見えない!」
そう言って彼の手を引いて移動させる。

牛の側まで来ると、「ここ!ここから見るの!」と牛の脚を示した。

どうやら、牛の脚の間からあちらを覗けと言いたいらしい。
苦笑いしながらも、子供の言う通りにする。

「・・・あれ?本当に何かいるぞ・・・」

黒毛の小さな豚のような生き物が、柵の根元に座り込んでいた。
ペタンと胡座をかき、ひどく退屈そうな格好で。
豚に似て見えるが、どことなく人間臭い印象も受ける。

慌てて立ち上がって眺め直したが、そこからだと何も見えない。
ゆっくりとしゃがみ直し、もう一度脚の間から向こうを見やった。

「・・・いた。何だ、何でここからだと見えるんだ!?」

思わず子供と駆け回って、そこらの牛や羊の脚の間を覗きまくった。
確かに見える。
普通に見ると見えないが、動物の脚間を通すと、黒小豚に似た生き物がそこにしっかりと見えてしまう。

父子でおかしな行動を取るのが目立ったのか、牧場の作業員が寄ってきた。
「あの、あの」と口籠もる。
何と説明したら良いものやら。
作業員は微笑みながら「マタマタが見えたんですね」と口にした。

聞けば、時折牧場に出没するモノノケなのだそうだ。
四つ脚の動物の、脚の間から眺めた時にだけ、その姿が確認できる。
昔からそこの牧場では、マタマタと呼んでいるのだと。

「何しても反応しないし、向こうから何かすることもないんで放ってます。滅多なことじゃ気が付かないですしね。気が付くのは大抵、お子さんのようにまだ小さな子供ですよ」

ただ牧草の上に座り込み、欠伸するだけのモノノケ。
おかしなモノもいるものだなぁ、と不思議に思ったのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!