意志を持つ瘤

盆栽サークルで知り合った爺さんからまた不思議な話を聞いたので投下。

爺さんがまだ山に入りたての頃の話。
獲物を探して山の中腹まで進んだ際に、二間四方位平らになっている場所に出た。
村から丁度良い距離で視界が良く、目印になる小高い杉の樹もある。
狩りの拠点として、そこで飯を食ったり、ひと休みしたりしていたそうだ。

ある時、休憩しながらなんとなく杉の樹を見つめていたら、樹の腹にある瘤がブルブルっと動いたように見えたらしい。

側に寄りじっくり見てみると、尖った小さい瘤の周りが盛り上がって、更に大きい瘤になっている・・・が、触っても突ついても、よく樹の腹にできる瘤に変わりは無く、その時はさして気にもせず狩りに向かったそうだ。

そこから5日位経ち、スカッと晴れたので、撃ちに行くかと早速例の場所へ向かった。

何となしに件の瘤が視界に入った所で「ええっ?」と驚き見直した。
明らかに5日前と比べ形が違っている。

尖った瘤の周りが一気に盛り上がって、額から鼻筋、口元、顎までの輪郭が形成され、もう誰が見ても「まるで人の顔が杉の樹の腹から出ようとしている」様にしか見えなくなっていたそうだ。

さしもの爺さんも気分が悪くなったが、突然むしゃくしゃしたのか、持っていた山伐でその瘤を頭から叩き割り、木っ端微塵にしてから普通に狩りを続けたそうな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!