その人が「危険な人」だと感じ取ってしまう

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

第六感とも、奇妙な偶然の一致とも取れる、個人的にショックだった話。

数か月前のこと。
仕事帰り、30代前半くらいの男性に「これから遊びに行こうよ♪」と声をかけられました。

地元はそこそこの田舎。
こんなところでナンパする人っているんだ!という驚きと、妙な人に絡まれた!という焦りで、「け、結構です!」と相手の顔を見て断った瞬間、ぞわっとした嫌な気分に襲われました。

男性の口調は明るくて楽しげなのに、目がまったく笑っていない。
さらに怖かったのが、初対面の相手のはずが、妙な既視感があったことでした。

ほんの一瞬、「この人とどこかで会ったことが?」と思ったのですが、ナンパするような知人はいないし、そもそも知り合いならむこうも私のことに気づくはず。

妙なしこりを胸に、私は家まで逃げ帰りました。

それからしばらくたったある日のこと。

PC内の整理をしていると、だいぶ前に何度か参加して「どうも合わない」とやめてしまった社会人サークルの名簿が出てきました。

サークルリーダーは難関大の出身で士業をしており、年は40代。
顔もなんとなく覚えている。
なのになぜか、ナンパしてきた例の男性の顔がいきなり胸に蘇ったんです。

完全に別人なのに、どうしてだろう?

そう思いつつ、軽い気持ちで名前を検索窓に打ち込んでみると・・・・・・。

リーダー、逮捕されていました。

それも、街でナンパした女の子に乱暴した罪で。(余罪も何件かあり、士業の資格もはく奪されていました)

・・・・・・え?どういうこと?

頭の中は真っ白です。

くわしく調べてみると、リーダーが捕まったのは私がナンパされる少し前。

彼が起こした事件と私のナンパの件、両者にはなんの関係もありません。

ただ、敢えて言うなら「危険な人たち」が発する匂いを、ニブいなりに無意識に察していたのかな・・・・・・と。

個人的に、少し不思議でとてもショックな体験でした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!