神社ってやっぱり不思議

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

神社にまつわるエピソードが何個かある。

1つ目。
大阪天満宮にお詣り行って、帰ろうと鳥居をくぐったと同時にサンダルの鼻緒が切れて、1週間後に父親が生死を彷徨うほどの大怪我してICU。

2つ目。
京都に遊びに行ってホテルで泊まってた。

出掛ける準備をしてたら、少し離れたところに伏せて置いておいたスマホから人の声。
不思議に思って画面を見たら電話が繋がってる状態で、「・・・もしもし?」と出てみたら、
「そちらから掛かって来たのですが・・・」と言われ、意味がわからなかったが、とりあえず謝って電話を切った。

その後、ふと相手が名前じゃなく場所名を言ってたことに気づいて、その電話番号を調べてみたら、女性に御利益がある京都の市比賣神社だった。

もちろん当時は、その神社の名前も存在も知らなかった。

3つ目。
伊勢神宮にお詣り行った時、持病と暑さのダブルパンチで吐き気や目眩でフラフラしつつも、
楽しそうに歩き回ってる恋人にストップをかけるのが嫌で、変な汗かきながらも必死に後ろ付いて回ってた。

すると、風日祈宮に近づいた辺りで、上下真っ白な袴姿?をした人が、木々の中へ進んで行くのが見えた。

「あんなところにも道があるんだなぁ」と思いながら進むと、その人が進んで行ったであろうところ一帯にはロープが張られていて進入出来ないようになっていて、道もなく、地面は落ち葉で埋まっていて木々が生い茂ってるだけだった。

基本的には現実主義者なので「神社関係者の人が通ったのかな・・・?」と思ったけど、そこから10分もしない内に体調不良が綺麗さっぱり消えて、その日1日楽しく元気に恋人と一緒に過ごすことが出来た。

だから、あの上下白袴?な方は神様だったんじゃないかって思ってる。
もし人間だったとしても、元気になれるきっかけをくれたのだから、私にとっては神様です。

以上、私の神社不思議エピソードでしたっ!

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!