デジャブのような不思議体験

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

個人的には不思議な体験です。

小学生の低学年の頃、祖父母の家に泊まりに行った。

父親が夜中トイレに行った音で目が覚めた。

寝室は真っ暗でほとんど何も見えない状態だったけど、立ち小便の音がしたので父だと思っていた。

とても眠かったけど自分もトイレに行きたかったので、腕を伸ばして父に「起こして」と頼んだ。

「よっこいしょういち」と言って両手を父に引っ張ってもらって起き、用を足してまた眠った。

翌朝父にその事を聞くと、「夜中にトイレなんか行ってないぞ」と言う。
じゃあ誰が手を引っ張ってくれたんだ?と思ったけど、寝ぼけてたのかな?とか、死んだ曾祖父が起こしてくれた?とか、結局わからずじまいだった。

時が過ぎてそんなこと忘れていた。

先日息子を連れて祖父母の家に泊まりに行った。
夜中にトイレに行きたくなり、電気を豆球にした。

妻に似ていると言われる息子だが、寝顔はタンスの上に飾られている昔の僕の顔にそっくりで、自分を見るような気持ちになった。

トイレから帰ってきて電気を消すと、息子が「起こして」と言って腕を伸ばしている。

あっ、こんなこと昔あったなと思い、「よっこいしょういち」と言って腕を引っ張って起こしてあげた。

用を足した息子は戻ってきてすぐに眠りについた。

翌朝息子に昨晩のことを聞くと、「トイレになんかいってない」と言う。
寝ぼけてたんだなと思うが、息子の顔はいつもどおりに妻によく似ていた。

無根拠に何となくなんだけど、「よっこいしょういち」といって起こしてくれたのは他人ではなく、自分なんじゃないか?と思う。

偶然と言うか、なんと言うか、デジャブではないけど、不思議な体験でした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!